バトルは退屈だけど基本超キュートで捕獲はめっちゃ楽しい『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』

f:id:pitti2210:20181116004507j:plain

40時間ほどプレイした。裏ボス(と思しきあいつ)まで倒すところまでやった。

いくつか問題点はあるがとてもおもしろかった。1996年の『ポケットモンスター 赤・緑』から22年、おまけに2度目のリメイク(ピカチュウver.としてはリメイク初)ながら新しい要素を盛り込み、当時の体験を無理なく再構築していたのがよかった。

僕がやった方のピカチュウはすばらしくかわいらしく、時にはあざといとさえ思うものの、やはりこのキュートさは絶対的正義だと思う。またポケモンによっては背中に乗ることができ、架空の存在であるポケモンが実際にいると思わせられるすばらしい演出だった。

そして『ポケモンGO』のヒットに伴い、野生のポケモンのバトルを廃止して捕獲のみにしたのはよかった。モンスターボールを投げるのは楽しい。言ってしまえばシューティング、というかただの的当てなのだが、TVモードではJoyコンを振り回す動作がなかなか難しい。携帯モードでは機体を持ち上げてモンスターに狙いを定めて少し難易度が下がるのだが、どちらもとても新鮮な体験だった。ポケモンGOの動作を逆輸入したとも言えるが、据え置きゲームらしい難易度になっていてちょうどよい難しさになっていた。

また、草むらに出てくるポケモンはかわいらしい。ランダムエンカウントからシンボルエンカウントへの変更は、他の国内RPGだとドラクエ11でも導入しているが、思っていた以上に良いものだった。

ただ、残念なのはバトルだと思う。これは22年前からほとんど変わっていない。対象を考えるとコマンド式の戦闘が致し方ない側面もあるが、やはりとても退屈だ。おまけにリメイクに合わせてシオンタウン〜セキチクシティ間、シルフカンパニーのトレーナーが原作同様の人数を揃えていてとにかく作業感溢れるバトルがきつかった。また経験値の振り分けが標準装備になった仕様上、バトルの恩恵が少なく感じられるのもよくない。捕獲で入る経験値が高いだけにトレーナーとのバトルがどんどん退屈にならざる得ない仕様変更だったと思う。トレーナーの3Dモデリングがよくできているだけに残念だった。

でもトレーナーとのバトルを除けば、作業感を減らす方向に進んでいることは間違いないと思う。数世代前から「わざましん」が何度でも使用できるようになったが、今回は「ひでんわざ」をパートナーポケモンが担うようになり移動用のポケモンを揃える必要がなくなった。またやりこみ用としての個体値もジャッジ機能で可視化され、さらには「おうかん」によって育成後の補正できるようになった。また占いによって性格もある程度決めることができる。捕獲の連鎖で個体値の厳選も容易になった。多少、捕獲の恩恵が大きすぎる気がしないでもないが、今回のリメイクの焦点が捕獲にあることを考えると悪くはない。

そういうわけで『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』は、『赤・緑』当時を知る人にとっては懐かしさと新しさを同時に感じさせる作品だと思う。同時に今作で『ポケットモンスター』本編に初めて触れる人にとってもすばらしい導入として仕上がっていると思う。バトルの退屈さなど問題点はあるが、ポケモンの可愛らしさ、捕獲の楽しさ、ウィットに溢れる会話などポケモンの魅力がふんだんに盛り込まれている。