2017年上半期ベスト

f:id:pitti2210:20170701090917j:plain

  1. HYUKOH『23』
  2. w-inds.『INVISIBLE』
  3. tofubeats『FANTASY CLUB』
  4. MONDO GROSSO『何度でも新しく生まれる』
  5. SZA『Ctrl』
  6. 柴田聡子『愛の休日』
  7. Cigarettes After Sex『Cigarettes After Sex』
  8. 橋本絵莉子波多野裕文橋本絵莉子波多野裕文
  9. Bonobo『Migration』
  10. YOGEE NEW WAVEWAVES
  11. Future『FUTURE』 
  12. Lorde『Melodrama』
  13. Calvin Harris『Funk Wav Bounces Vol. 1』
  14. Cloud Nothings『Life Without Sound』
  15. SHISHAMOSHISHAMO 4』
  16. 加藤ミリヤ『Utopia』 

 

今年の上半期は正直ゴタゴタしていて音楽を聴くのが難しかったけど、幸いなことに状況は落ち着き、6月はずいぶん聴けた気がする。w-inds.のアルバムを聴いている時間は楽しかった。HYUKOH(ヒョゴ)には驚かされた。彼らは韓国のバンドだけど、英語圏を含め世界中のポップミュージックの既存の構造が音を立てて崩れ始めている。tofubeatsの"lost decade"は遠くになりにけり。だけど僕らには"Fantasy Club"がある。"何度でも新しく生まれる"のだ。

 

f:id:pitti2210:20170701121608j:plain

  1. ラ・ラ・ランド
  2. 光をくれた人
  3. ムーンライト
  4. LION
  5. マンチェスター・バイ・ザ・シー
  6. メッセージ
  7. 名探偵コナン から紅の恋歌
  8. 映画ドラえもん のび太の南極 カチコチ大冒険 

 

6/30までに観れた映画は8本。旧作も一本しか観ていない体たらく。ただ幸福なことに全部おもしろかった。少し冗長に感じた「メッセージ」でさえ今は良い思い出。「ムーンライト」「LION」「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 「メッセージ」に共通するのは優れた映像と独特なリズムだと思う。どれもなかなかハードな物語なのにそれを劇的に描こうとしていない。抑制した演出で物語を丁寧に紡ぎながら、静かだけど深い感動をもたらすすばらしい映画だった。ただ、俺は大味も嫌いじゃない。「ラ・ラ・ランド」は物語が大味であるにもかかわらず、それが最後まで綻びず、何度も絶頂に連れて行ってくれた。こんなことが映画にできるなんて!「光をくれた人」も優れた映像と優れた演技で天国と地獄を行き来しながら、思いもよらない場所を僕を運んでくれた。今の映画は見ている僕らをどこに連れて行ってくれるのかが問われているのかもしれない。「コナン」でさえ「そんなアホな」を飛び越して度肝を抜かれるような場所に連れてってくれる。

広告を非表示にする