ドキドキを取り戻すための/tofubeats『FANTASY CLUB』

f:id:pitti2210:20170524140730j:plain

tofubeatsの『FANTASY CLUB』を毎日聴いている。正直に言うと、このアルバムはtofubeatsの最高傑作ではないし、おそらく現時点における彼の最高傑作は『lost decade』なのだが、ただ、滅茶苦茶いいのだ。

今作は前作の『POSTIVE』や前々作の『First Album』と比べるとJ-POPの要素が薄い。一応ゲストボーカルもいるのだが、どちらかと言うとYOUNG JUJUはラッパーとして、suger meもコーラスとしての意味合いが強く、あまりJ-POPらしい曲が見当たらない。日本語のポップミュージックと言えばその通りなのだが、歌謡性は薄く、ヒップホップやハウスを行ったり来たりしている印象がある。

またゲストボーカルの意味合いが少ない反面、tofubeats本人が歌う比率が大きい。以前同様オートチューンを用いているのだが、前に出ようとする意志が以前よりもずっと強い。前だと例えば『ディスコの神様』のカップリングのいわゆるデモ版の「衣替え」では申し訳程度に本人が歌い(でもすごく良い)、アルバムではBONNIE PINKが歌ったりしていたのだが、今作の「SHOPPINGMALL」「CALLIN'」「WHAT YOU GOT」「BABY」といった曲はtofubeatsが「tofubeats自身が歌うこと」を想定して作られているかのようだし、実際、力強く歌われている。

それにしてもこのアルバムを聴けばワーナー以降のtofubeatsに何があったか察することができるし、良いことも悪いこともというか、どちらかと言うと悪いことの方がたくさん起こって、それに対する怒りとか葛藤とか苦しみが多かったように思えるのだけど、それでも「BABY」において

ドキドキは今以上のBABY

の部分が4年前に南波志帆が「LOST DECADE」で歌った

ドキドキしたいならこれを
ワクワクする瞬間このときを
わすれないで
わすれないで

と重なっていて、もちろん変わるものもあるけれど、音楽で一番大事なこの部分を忘れていない事実にぐっとくる。

あと個人的にはやっぱりフランク・オーシャンの『Blonde』に重なるところが多かった。単純な物量でいい切れる話も出ないけど、もしtofubeatsが数年以内に『First Album』や『POSTIVE』のようなゲストを配置しながら、同時に『FANTASY CLUB』のような内省的なアルバムを作ることができたら……と妄想することはあるのだけど、やはりtofubeatsは自分自身の道を歩むと思う。