「職業に貴賎なし」からはじまるある論理展開

我らがヒーローまっつくんがまたやってくれた。

 

1

まず僕なりに解説すると、そもそも『職業に貴賤なし』は「実際は職業によって尊敬されたり貶されたりするけど、そうはいっても必要とされるから仕事があるのだから、想像の及ばない部分にも敬意を示そうよ」みたいな意味だと思う。

そもそもこの慣用句は石田梅岩という江戸時代の思想家のもので

士農工商の階層は、社会的職務の相違であり、人間価値の上下・貴賤に基因しない

ということらしいのだが、まあ個人のブログからの引用なので真贋はわからない。でも僕の認識からはそんなに遠くない。仕事があるということはそこに必要とする人がいるということだし、たとえ誰かにとっては尊敬できない仕事であったとしてもそれを理由に貶めるのはよくない、みたいな話だろう。

ただ、まっつくんの認識はそこから一歩進んで

第三者が及ばない領域になれば、どんな仕事であろうとその仕事は第三者にとっては無価値

という領域に踏み込んでいる。これはまあその通りと言えばその通りだ。例えばマクドナルドでハンバーガーを作る仕事をしていたとしても、それはマクドナルドの店内でしか価値を持つものではない。それはCAであろうとナースであろうと一緒だ。でも実際には尊敬される仕事とそうでない仕事がある。CAという職業が一世を風靡した時代は確実にあったし、合コンでは今でもモテる職業なのではないだろうか?

そんな現実に対して「そうじゃないんだよ、職業は外の世界では無価値なんだよ」という考え方は賛同しかねる部分もあるが、まあ個人の生き方としては許容されるべき範囲内ではあると思う。実際にまっつくんにもそう言われた。

 

1.5

ところがなぜか拡散されたわけではないのにディスられる展開に。まあディスられそうな内容のツイートではあるのだが、「外に出れば」の部分を読まずにディスる意見がいくつか僕のTLでも見受けられた。まあ「どんな職業でもクソほど価値はない」と言われて怒らない人がいないような気もするし、自業自得といえばその通りだけど。

 

2

まあそんな誤読をかますうっかりさんは放っておいて、僕が個人的にまっつくん反論するとすれば「そんなクソつらい生き方をしないでも」ということだ。

そもそもこの議論はあくまで認識についての話なのだが、確かにマクドナルドの店内における仕事/職業はマクドナルド店内、もしくはその組織の中でしか価値はない。自分とは無関係の別の会社にでも出向いて「私はハンバーガーショップ店員です!」と言ったところでそこに意味はない。

しかしだからといって「領域外で無価値」みたいな認識はしなくても、とも思う。現実には人気のある職業とそうでないもの、尊敬される職業とそうでないものがあるが、その価値を決めるのは他人であり自分でもあるのだから、たとえ他人から無価値と見なされようと自分くらいは肯定してあげればいいのに、と思う。

とはいえ「自分には価値がない」→「だから何をやっても平気」みたいな生き方の人もいるので押し付ける気はない。ただ、自分の場合「自分には価値がない」→「だから何をやっても無駄」みたいな考えに陥りがちなので、「自分のやっていることは自分にとっても他人にとってもそこそこ価値がある」くらいな気持ちで生きていたほうがラクってのはある。

 

2.5

ちなみに本人にそう言ったら「肯定も否定もするのめんどくさい〜そもそも社会に出てねぇしなオラ」と言われたんだけど、バイトしてるし、そもそも職業に就いてなくても仕事はたくさんあるだろ。あとうっかりさんのリプに「社会にも出てないくせに」みたいなものもあったけど、それは論点がずれててげんなりした。

 

3

ところでそもそも価値とは、自分でも他者でも誰でもいいのだが、そこに価値を見出せばその時点で価値になるのである。例えば今の任天堂の株価は一株33650円するのだが、それは株に興味を持たない人にとっては0円同様の紙切れに過ぎないのだが、その人に無価値であろうと市場では33650円で取引されるのである。

同時に仕事の価値は、その領域外の人に無価値であろうと、その仕事において価値があるのならその時点で価値は確定しているのである。例え市場で取引されることがなくても、価値を見出す人が一人でもいればそこに価値はある。

 

4

だから人は無価値であるかもしれないが、あなたがあなたを肯定すればそれだけで価値は発生するのである。逆にあなたがあなた自身が肯定しなくても、誰かひとりでもあなたを肯定すればそこに価値は発生するのだ。あなたの仕事はその辺で歩くおっさんにとって無価値かもしれないが、あなたが求められる限り無価値はありえないのだ。

 

5

ところでそもそもうんこはバクテリアにとってエネルギー源になると思うのだが、そのようなものを人の職業というしょうもないものの当て付けにすることに後ろめたさはないのだろうか?

最近かわいいと思った女の子についてのメモ

年末になるとまっつくんの女の子ランキングのためにまとめるものの、上半期のことはほぼ思い出せないし、それどころか5月終わりの今の時点でかなり忘れかけている。そういうわけで今年に入ってから個人的にキュンとさせられた女の子のことをメモしておく。若干、というか大半がそもそも現実の女の子じゃないような気がしないでもないのだが、そもそも女の子とは心の所作、心が正しくなせば想いとなり、想いこそが(以下略)。

 

本郷杏奈

「ゴッドタン」の「ロバート秋山のノリ女塾」でノレないグラビアアイドルとして呼ばれるものの、なぜか脛を出血しながらの登場。おまけに事あるごとに方言連発し、みんな、というか俺の心を鷲掴みに。でもそれ以上に露出が少ない文系女子的なファッションがグラビアアイドルではない普通の女の子感を出していたのかもしれない。なんかこの日は満島ひかり感が出てた。グラビアアイドルのことは疎いのでよくわからないのだが、25歳という年齢も結構ギリギリなのだと思うけど(あくまで一般的に)、そこも含めて北海道出身者としては応援せざる得ない気持ちになりました。

 

朝日奈央 

またもや「ゴッドタン」から。もう最近は「ゴッドタン」以外でかわいい女の子を見てないというか、逆に言うと「ゴッドタン」以外で若い女の子が出る番組を観ていないのかも。その中でもどちらかと言うと朝日奈央はかわいいから遠ざかってる女の子だと思う。いや、かわいいんだよ?かわいいけど、でもやっていることは変なおじさんだったりとか、松丸友紀の代わりをさせられたりだし、髪型のせいか23歳には見えなかったりする。でもだからこそ「俺は見ているよ!」と言いたくなるというか、あれ?これが推しということなのか?思うようになりました。多分違うけど。

 →https://www.instagram.com/p/BUrYeoQhdTJ/?taken-by=pop_step_asahi

 

ミファー

こんにちは。「ブレス オブ ザ ワイルド」はやりましたかみなさん?やってない?それならさっさとやりましょう。そしてミファーに会うのです。死んでいるけど。ネタバレ?知るかよ。そもそも「ブレス オブ ザ ワイルド」ではほとんどの登場キャラクターが死んでる。で、我らがミファーも当然のように死んでて、でも我らがリンクのために肉体を失っても祈り続けてくれるのだ。重い?重いよ。それが何?それはもう見てよとしか言い様がないけど、敢えて言うならミファーはゾーラ族というある意味人種の違いを意識させるキャラクターで、おまけに王女であるにも関わらずリンクが好きなのね。しかも異種族ゆえに寿命が長く、子供の頃に出会ったリンクに追い抜かれてしまう。そんな境遇で思いを遂げることなくあっさり死にながら、魂だけの存在になっても現世に身を寄せ、そしてリンクのために祈る。彼を待つゼルダという本妻?がいるにも関わらず。

ああ不憫。不憫だから好きなのか?と言われそうだけどそれは違って、僕が心を射抜かれたのは異種族だろうが、本妻がいようが、報われることがなかろうが、そんなことで揺らがないミファーの強靭な意志だったのかもしれない。「ミファーの祈り、いつでも使えるよ」重いよ。重いんだけど、今日も僕はミファーの祈りを胸に進むのだ。

 

6代目日ペンの美子ちゃん

日本語ラップ、地下アイドル、時事ネタをぶっこんでくるどう考えても中の人はおっさんにしか見えない日ペンの美子ちゃん。そもそも日ペンのことさえ知らなかったんだけど(世代?土地柄?)、twitterのプロモーションは完全に功を奏したね!

 

からかい上手の高木さん

またもや2次元。こんな嗜好でいいのか……と自分でも思わなくもなく、おまけに今度はJKを通り越してJC。一応説明するとこのマンガにエロは皆無です。エッチっぽさはニュアンス程度にあるのかもしれないが(ないと思う)、基本的には普通の中学生の男子が女の子に振り回されるだけの話で、高木さんはいわゆる小悪魔なのだ。でも別にギャルではないし、普通の女の子だし、おそらくは主人公のことが好きで仕方がないのだけどなぜかからかうことしかできないという、こちらも本物の中学生女子感があって、ある意味甘酸っぱく、ある意味ほろ苦い、見る人をキュンキュンさせてくれるマンガなのだ。絵柄から言って絶対にハマると思って敢えて放置していたけど、この間疲れた時に買ってしまい案の定ドはまりしちゃった。

 

持田香織

みなさんのおかげでした」の「チャチャッとキッチン」で久しぶりに見た。最近ソロでもELTでもあまり露出していない気がするのだけど元気そうでうれしかった。今の10代20代にはピンとこないのかもしれないが、もっちーは今でこそシンガーとかアーティストという括りだけど、どう考えてもアイドルそのものだった。あの頃は実質的にアイドル、みたいな女の子がグループの顔として活動していて、浜崎あゆみELTもhitomiもみんなそうだった。ELTを聴くと「古いなあ」とか「歌が微妙だなあ」とか20年経った今でも思うけど、もっちーがかわいいからすべてオーケーなのね。アーティストなのにバラエティ出ちゃうのかよ!しかも料理しちゃうのかよ!とか昔なら思っただろうけど、今だと元気ならそれでいいやってなる。そんな程度には自分もおっさんになったということなんだろうな。

 

詩織さん

こういうところで書いていいのかわからないし、多分駄目だと思う。でもとにかく目を引く美人であるのは確かで、彼女の主張が本当なのか嘘なのかはわからないし、それこそこれまで以上に苦しい道のりを歩むことになりそうだけど、とりあえず自分は彼女が笑って暮らせるような世界であってほしいと願うだけです。あとそれと矛盾するように見えるかもしれないけど、現時点で容疑者を断罪するような論調とも距離を置こうと思っています。

 

そもそもTwitterが罵り合いを加速させているんじゃないか説

ネタに見えるから本気で書くのも嫌なんだけど。

このツイートに対して「上司が大人げない」とか「この件で怒られなくても別件で怒られたな」とかいろいろ思うことはあるけど、とりあえず元のツイートが炎上を狙っているようにも見えるし、納得する人は納得すればいいし、怒りたい人は怒ればいいんじゃないかな。 

Twitterがガス抜きの場として機能している面は間違いなくあって、TLを眺めれば何かに怒っている人もいるし笑っている人もいる。それに対して「それは違います!」と言うことはいくらでもできるけど、他人がガス抜きにしてることに本気でクレームをつけたところで煙たがれるだけのような気がするし、だったら我慢できる限りは黙ってたほうがいいんじゃないかなーと思う今日このごろ。

ただ自分が新入社員なら無難だと思ってフライドポテトを注文することはあるだろうし、逆に自分が上司ならシェアを提案したいところ。そして「好きなものを頼め」と言われたら嫌がられない程度に好きなものを頼むし、逆に自分が言った場合は何を頼まれても文句を言わないそんな大人でありたい。

 

***

 

ところで昨日はTwitter上で話題になるようなネタが本当にたくさんあって、猪瀬直樹がXvideosをブックマークしていたり菅官房長官が日本海に落下したりといろいろあったけど、個人的にはBuzzfeedで報じられたレイプ事件の実名告白がとても気になった。

とりあえず現時点では被害者の告発しか聞いていないので、これから当事者であるジャーナリストや警察、検察の言い分を聞かないことには判断できないし、そもそも僕は何かを判断する立場ではないので、ただただ傍から観察するだけなのだが。

ただその上で思うのは、この被害者の詩織さんがとても目を引く人物のように見えた。率直に言って美人だし、名字を伏せているとは言えレイプ被害を顔出しして実名で告発するのはとても勇気がいることだ。ただインパクトがあまりに強すぎてこの加害者と見られるジャーナリストが悪人としてしか扱われていないことも危険だと思うのだ。この時点で彼は第三者の我々にとって容疑者にすぎない。

もちろんレイプは最悪だし、これが事実ならしっかり裁かれるべきだ。お偉い人からの口添えがあったとするならそのお偉い人も処分すべきなのは当然だ。だけど現時点では状況証拠だけで断罪すべきみたいな言説が巷に溢れすぎている。しかもわりと有名な人も怒りに駆られてツイートしている。

 

***

 

 で思ったんだけど、これってTwitterのせいじゃない?

Twitterがガス抜きの場として機能している」と書いたけど、自分の領域とは関係ない世界に気軽に文句を言うことがTwitterの良さであると同時に短時間でそのようなムードが急速に形成されることの危うさを、そろそろ誰かが指摘すると同時に、やはりある程度じっくり考えるためのメディアを作るべきではないか。そんなことを考えつつ、僕は一向にTwitterをやめれそうにないのだが。